座標軸 2021.04

たんぽぽによせて
向野幾世【奈良大学元講師】

 妻よきてたんぽぽに座せかがやかむ 土岐錬太郎

 日差しの暖かい日、うれしくて外に出る。門扉と道路の間の5センチにも満たない隙間に「あれっ、たんぽぽ」。このたんぽぽは、いつも地面に張り付いて葉をひろげていた。まるで掃除の行き届かない家の象徴のようで、少しでも伸びようものなら、むきになってむしっていた。そのうち、すっかり忘れ果てていた。今、蒲公英色(たんぽぽいろ)もあざやかに「春ですよ」と告げている。

 散ってすがれたたんぽぽの、
 瓦のすきに、だァまって、
 春のくるまでかくれてる、
 つよいその根は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。
      (金子みすゞ)

 昨年末でもって気象庁は、たんぽぽの開花のお知らせは幕を閉じだと報道していた。70年近くも続いてきた動植物観察はウグイスの初鳴きや、モンシロチョウの初見など、季節の訪れを示して来たのだが・・・。

 ※詳細は2021年4月号本誌にて。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。